ホーム > カーリース
カーリースのしくみ、メリットから導入方法など、日光モーターのカーリースについて詳しくご紹介します。
リースのしくみ
カーリースのしくみ

レンタカーとの違い
 レンタカーは賃貸借の契約期間が短期(時間・日・週・月)で、一時的な車両の使用だけを目的としています。それに対し、カーリースの場合は、長期(年単位・通常3年以上)にわたって賃貸借契約し、金融負担を肩代わりしたり、車両のメンテナンスを受け持つなど、企業の車両管理業務が軽減され、経営の合理化に役立てられることが大きな特徴です。

 カーリースは、月々一定のお支払いでクルマをお使いいただけるシステムです。
クルマを資産として所有しないことで、一時払いの負担や、資産計上の必要もなく、税金や保険の手続き、支払いを代行します。
契約によっては、資産計上が必要なケースもございます。

リースのメリット

その他のメリット
  • 繁雑な車両管理業務が大幅に削減されます。
  • 車両代は、リース会社が全額負担します。銀行借り入れ時に必要な担保物件の差し入れなどもなく、100%の融資を受けたのと同様の効果が得られます。
  • 車両コストが明確になり、経費の標準化が図れます。
  • リース料は定額経費として処理。課税対象になりません。
  • 毎月のリース料は、税法上全額必要経費となり損金処理できます。
  • リース資産として資産計上し、減価償却費等として計上する場合があります。
  • 一時的に多額の支出は不要。わずかな資金で車両が導入できます。
  • 資金の固定化がなくなり、余剰資金を有効に活用できます。
  • メンテナンスリースの場合、お客様に代わって車の維持・管理を行いますので、わずらわしい管理業務が大幅に削減されます。
  • ご希望により、指定色や社名などを入れることができます。
  • 常に整備された車が使用でき、稼働率が高まります。
リース導入方法
お客様のプランに合わせたフレキシブルなリース導入をご提案します。
  • 現状の車両使用状況を踏まえ、お客様に最も適した導入方法をプランニングします。
  • 購入方法もいろいろあります。例えばリースバックの場合、現在お使いの所有者を一括してリースに切り替えることができます。

リースバックご契約の流れ

カーリースの大きな効果が今すぐにお客様のものになります。
現在お使いの全車両を一括してリースに切り替えることにより、一度にリースメリットをお受けいただけます。

現在ご使用中のおクルマをそのままリースに切り替えられます。
リースへの切り替え手続き中でも、車両をそのままご使用いただけます。仕事中に使うクルマをまずいちばんに考えたシステムです。

車両売却損が発生しません。
リースバックを導入された場合、原則としてお客様の帳簿価格(未償却残高)で弊社が買い受けさせていただきますので、経理処理上、車両売却損は発生しません。

売却代金が、一括してお客様のお手元に入ります。
リースバックを導入時に、弊社がお支払いする車両の代金は、お客様の一時資金として有効にご活用いただけます。

リサイクル料金もリース会社が支払・管理いたします。
リースバックを導入すれば、リサイクル料金は弊社が支払い・管理いたします。

手続きは簡単!リース契約の手順

 思い立ったら今すぐ。ご決断時がリースの切り替え時です。


リース約款
ネット予約フォーム

 まずはじめにリース約款をお読みください。

 お電話からのご予約は、
リース・レンタカー専用
電話
本店0120-252-305
電話
小浜店0770-56-1225

 インターネットからのご予約は、下記のフォームをご利用ください。
 ※ご予約は
弊社からの予約完了の連絡をもって予約成立となります。

 
その他のご意見・ご感想やご質問などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

車の事なら日光モーターへ!
カーリースリースのしくみリースのメリットリース導入方法リース約款ネット予約フォーム
インフォメーション
会社概要
店舗案内
お問い合わせ
保険に入るなら日光モーターへ!